国政的になっている福岡天神地下街

日本でも最長の地下街とされている福岡の天神地下街ですが、最近は日本語よりも他国語のほうが耳に入ってくるようになっています。天神地下街の案内も日本語だけでなく、中国語や韓国語、フランス語に英語といろいろな言語でされていて、その国際化が目覚しい場所です。

天神地下街は天神の中心地に会って、いろいろな施設やデパートなどとつながっているので、通る時にはとても便利なところです。

南には地下鉄七隈線の駅があって、地下街が始まっていますが、地上に出ると、家電量販店のビックカメラがあったりロフトがあったりします。

デパートにも直結していて、三越デパート、大丸デパート、岩田屋デパート、などのデパートとつながっています。三越デパートの9階には福岡で初めてのDuty Free Shopがオープンして、海外から来た人たちや、日本人でもこれから海外に行く予定の人たちのショッピングエリアになっています。

北にちょっと行くときらめき通りという地下通路があって、岩田屋本館や新館とつながっています。

岩田屋は福岡の老舗デパートで、以前は今のパルコがあった場所にありましたが、大名に近い場所に移動したのです。岩田屋デパートのあたりはおしゃれな格好をした若者がたむろしている場所でもあります。

天神のすぐ横の大名にはおしゃれなブティックやカフェがあります。岩田屋前の西通りにあるドラッグイレブンは特に安いことが中国でも話題になっているようで、お客のほとんどが中国人だったりします。

天神地下街の東側にはファッションビルのイムズや天神コアがあります。天神コアは特に若い人たちに人気のショップがたくさん入っていて、ファッショナブルな若者で賑わっています。

天神地下街の中央部分には地下鉄空港線の天神駅があり、福岡国際空港へ地下鉄で一気に行けてとても便利です。それで、天神地下街では大きなスーツケースを押して歩いている人たちに出会うことが多いのです。

天神地下街の北側には天神ミーナというビルがあります。中央郵便局にもすぐに行けますから郵便物を出すのにはとっても便利です。

天神地下街にある案内所で座っている案内嬢が身につけているものは、全部、天神地下街で買えるものです。同じファッションを楽しむことができます。

全長約600メートルという長さがある天神地下街ですが、新しいお店がオープンしたりして、いつも活気がある場所です。暑い夏でも涼しく場所を移動することができるので、すごく便利です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ